椎間板ヘルニアの体験談

椎間板ヘルニアの体験談

スポンサーリンク

椎間板ヘルニアになると、強い痛みに突然襲われることも少なくありません。
椎間板ヘルニアを発症してしまった人の体験談をご紹介します。

スポンサーリンク

椎間板ヘルニアがどんなものか、最初は分かっていなかった私の体験談です。


「あー、椎間板ヘルニアですね、若いのに」

腰のレントゲンを見ながらお医者さんに言われた一言です。

そう言われても正直な話、最初はヘルニアがどんなものか分からなかったため、まあ大丈夫でしょ……と思っていました。


椎間板ヘルニアになってからというもの、通院しながらのリハビリを余儀なくされてしまいました。 仕事中は腰を休める暇もなく、痛みと戦う日々です。


どうして自分がヘルニアになってしまったのか、これからどう椎間板ヘルニアと向き合っていくかを書きたいと思います。

椎間板ヘルニアになってしまった原因

ヘルニアになる原因は大きくわけて環境要因、遺伝要因、加齢の3つあると言われています。


  1. 環境要因
  2. 遺伝要因
  3. 加齢

この中で、20代の私が発症した原因はおそらく1つ目の環境要因になると思います。


私は小さい頃から姿勢が悪かったのですが、学生の時は姿勢が悪いことで何か不都合があった訳ではありません。
しかし、社会人になると長時間座って仕事をしたり、時には1日中立ちっぱなしという日もあります。


そういう状態が続き、仕事を始めて1年で椎間板ヘルニアになってしまいました。

スポンサーリンク
私が受けた椎間板ヘルニアの治療

椎間板ヘルニアの治療法は、大きく分けて2種類あります。


1つは保存療法というもので痛みをなるべく抑えていくような方法、2つ目は手術療法という名前の通り、手術を行って痛みを取り除く方法です。 私は幸い手術には至りませんでしたので、前者の保存療法で治療していきました。


  1. 保存療法による治療方法
  2. 手術療法による治療方法

保存療法の中でも薬物療法をメインに行いました。
非ステロイド性消炎鎮痛薬や筋弛緩薬を使って痛みを和らげるというものです。


直接腰に注射するのですが、これが想像よりも痛くかなり辛かったのを今でも覚えています。


しかし、これはあくまで保存治療とういうことで、治すというよりは悪化を防ぐことに重点が置かれている治療法です。 そのため、保存療法を受けても椎間板ヘルニアが完治したわけではなく、私は今でも通院を続けています。

椎間板ヘルニアの重症化を見逃さないで

椎間板ヘルニアの痛みでお悩みの方も多いのではないでしょうか?


慢性的な腰痛でも痛み止めを服用すれば、痛みが治まり通常に生活できると安心してしまいがちです。 私もそうでした。

しかし痛みを薬で紛らせていでも、足の痛みや痺れを感じることはないですか?


足の痛みに加えて痺れやだるさを感じたら、改めて医師への相談が必要です。

痛み止めを服用していると、痛みや痺れも感じにくくなります。 しかし、それが腰痛の重症化を見逃してしまうポイントだと言えるでしょう。

痛みに幅広く効く痛み止めは、良い面もありますが、症状を見落としてしまう原因にもなるので気をつけなければいけません。


仕事ではない日に少し服用の間隔を空けてみるなどをして、どのような痛みがあるのかを確認するといいでしょう。

もし足に何らかの違和感を覚える場合は、椎間板ヘルニアが足への神経を圧迫しているサインですし、腰部の痛みも左右で差があるなら、椎間板ヘルニアを発症している証拠になり得ます。

椎間板ヘルニアの痛みをとる方法

痛み止めを服用する他に、椎間板ヘルニアの痛みをとる方法としては、痛みの原因へ直接薬剤を投与するブロック注射があります。


レントゲンやMRI撮影をし、痛みの部位やヘルニアの有無を確認します。 ヘルニアの大きさや突起している場所により、手術がすぐに必要だと判断される人もいれば、ブロック注射で痛みの軽減を試みる場合もあります。


私の場合、最初はブロック注射の効きが良く、2週間に1回のペースで通っていました。 ところが、少しずつ症状が悪化し1週間に1回、4日に1回、2日に1回と通うペースが短くなっていきました。

痛みの悪化、そして手術の決意

椎間板ヘルニアで痛みの悪化を感じたら、医師に相談して痛みの部位の再検査をしてもらいましょう。


普段の仕事内容や日頃の姿勢により、短期間でも椎間板ヘルニアの突起が大きくなっている可能性はおおいにあります。 足の痛みや痺れをそのままにしていくと、薬を服用したり、ブロック注射をしても効果が薄く、日常生活にも支障が出てしまいます。


MRI撮影してから約半年後の再撮影で、ヘルニアの突起部分の大きさが約2倍になっていた私。
その頃には歩行障害が出始めたほか、座る、立つ、寝る……どんな状態でも痛みが続き、何もできない日々を送っていたこともあり、他の病院での受診を勧められました。

手術を勧められる

他の病院で造影剤の検査を行い、改めてヘルニアの部位や大きさの確認をするため、一泊入院をしました。


日常生活に大きな支障が出ていたこと、そして検査結果……総合的な医師の診断で、手術を勧められました。
検査入院から1週間後の受診時に、血液検査や手術の説明、全身麻酔承諾書等の署名を行いました。


とても大切な背骨にもかかわる手術なので、手術後に何も障害が出ないとは言い切れないと医師から話がありました。ただ、現状のもままではよくなる可能性はほぼ無いとのことで手術を受ける決心をしたのです。

椎間板ヘルニアの手術

重症化した場合、腰部の痛みよりも足の痛みなどに悩まされることが、椎間板ヘルニアの痛みの特徴とも言えるでしょう。
その原因としては、ヘルニアの突起部分が下肢につながる神経を圧迫することにより、腰部でなく下肢に痛みが発症する為です。


痛みから解放されたい一心で、手術する事を決意した私。


医師から手術の日程や手術方法などの説明を受け、必要書類へのサインをし、血液検査と尿検査が行われました。
その後、麻酔科の医師から麻酔についての説明があり、さらに禁煙を勧められました。


全身麻酔で手術を行う為、喉にチューブを入れます。喫煙者の場合、そのチューブを外した後に痰が多くなる傾向にあり、術後2日間はベッド上での生活になるので痰を吐き出しにくいとの事でした。


そのため、喫煙者には入院1週間前からの禁煙を勧めるのだとか。

入院前日に辞めればいいや……と考えていた私は絶句しましたが、術後の痛みがどれくらいなのか想像がつかなかったので、素直に禁煙をしました。


その後、全身麻酔についての承諾書にサインしました。

入院から術後まで

手術前日に入院しました。
手術の前日は通常にご飯を食べることができるものの、夕食後から翌日の昼までは水1リットルのみという制限が付きます。


手術当日は、朝食も昼食も良い匂いを嗅ぐだけという苦痛の時間でした。
テレビを見たり、音楽を聞いたりして気を紛らわせていました。

手術〜手術直後

手術当日の水分摂取時間が過ぎた頃に看護師に浣腸をされ、前開きの肌着とパジャマに着替えました。 そして、いよいよ手術室へ。


約2時間の手術を終え、覚醒するまで時間がかかりました。
麻酔が切れても下肢の痛みは全くなく驚きましたが、傷口の痛みと発熱で意識が朦朧としていました。
ベッド上でも自力で寝返りが打てず、看護師さんを呼ばなければなりません。
できる体勢も限られているので、安眠できませんでした。


翌朝から食事提供はありましたが、食欲がわきませんでした。
ほぼ寝たままで食べなければなりませんし、自分につながっているチューブと排泄が気になり食欲は出ませんでした。

術後2日〜

丸2日経つと、傷口の様子により背中のチューブが外され、医師によって立ち上がりと足踏みの確認が行われました。
そして、尿道カテーテルが外してもらえます。


この時から、コルセット生活が始まったのです。
最低3か月、入浴時以外は外して過ごすことができません。
そこからはベッド上で背もたれを起こし座ることが許され、経過により車いすから歩行器へと移動手段が変わります。


シャワーは、手術後1週間経たないと浴びれません。
というより、「傷口の様子によっては最短1週間でシャワーが浴びれるかもしれない」と考えていた方が良いでしょう。


車いすでの移動を許可されると、リハビリが始まります。
丸2日寝ていただけでこんなにも筋力が落ちるのかと驚きました。

ベッド上での安静時間やリハビリなど辛いことはありましたが、何よりも腰や足の痛みがなくなり安心しました。


椎間板ヘルニアの手術を受けた事に後悔はありません。

椎間板ヘルニアの術後の注意点

コルセットの装着部位はしっかりと覚えましょう。
ずれていると、コルセットをしている意味がありません。


日常生活では、椅子へ座る事をおすすめします。
コルセットをしていると、床座や床座から立ち上がる事が大変です。


座る・立つなどの動作をする際には、骨盤をまっすぐするようにし、できるだけ正しい姿勢を心がけましょう。
また、急に上半身だけを曲げて前かがみにならずに、必ずひざを曲げてから体勢を変えるようにしましょう。


その他、術後経過に関係してくることもあるので、分からないことは医師にしっかりと聞いてから退院しましょう。
スポンサーリンク
人気記事ランキング
  1. 椎間板ヘルニアの体験談
    椎間板ヘルニアの体験談
  2. ぎっくり腰
    ぎっくり腰になる主な原因に
  3. 骨盤ゆらゆら体操
    骨盤ゆらゆら体操
  4. 椎間板ヘルニア
    椎間板ヘルニアの原因や痛みと
  5. カイロの安全性・患者満足度・費用対効果に関する研究報告
    カイロの安全性・患者満足度・費用対効果〜Vol.7
新着記事
  1. 腰痛時の過ごし方〜自分に合った過ごし方を!
    腰痛時の過ごし方〜自分に合った過ごし方を!
  2. 妊娠時に起こる腰痛の体験
    妊娠時に起こる腰痛の体験
  3. 腰痛ベルトやコルセットを使ってみて
    腰痛ベルトやコルセットを使ってみて
  4. 女性が悩まされる腰痛
    女性が悩まされる腰痛
  5. 椎間板ヘルニアの体験談
    椎間板ヘルニアの体験談
腰痛と姿勢
  1. デスクワークの方必見!腰痛にならないための姿勢とケア
    デスクワークの方必見!腰痛にならないための姿勢とケア
  2. 腰痛予防&改善のための寝具と寝相
    腰痛予防&改善のための寝具と寝相
腰痛予防の運動
  1. 腰痛予防対策は運動と腰痛トレーニング腰痛予防対策は運動と腰痛トレーニング
  2. フラダンスや3秒体操で腰痛予防!フラダンスや3秒体操で腰痛予防!
  3. 腰痛対策に!室内でできるエクササイズ3選
    腰痛対策に!室内でできるエクササイズ3選!
  4. 腰痛予防におすすめのトレーニング
    腰痛予防におすすめのトレーニング!
  5. ドローインとヨガで腰痛対策をしよう
    ドローインとヨガで腰痛対策をしよう
  6. 腰痛予防に!様々な器具を使った運動!
    腰痛予防に!様々な器具を使った運動!
  7. 走る?泳ぐ?自分に合った運動で腰痛予防を!
    走る?泳ぐ?自分に合った運動で腰痛予防を!
  1. 腰の構造
    腰の構造を知ろう
  2. 腰の構造
    腰痛になりやすい人ってどんな
  1. ぎっくり腰
    ぎっくり腰になる主な原因に
  2. 椎間板ヘルニア
    椎間板ヘルニアの原因や痛みと
  3. 腰部脊柱管狭窄症
    腰部脊柱管狭窄症は圧迫される
  4. 腰腰椎分離症・すべり症
    腰椎分離症・すべり症は高齢に
  5. 変形性腰椎症
    変形性腰椎症の原因と症状は?
  6. 骨粗鬆症
    骨粗鬆症は腰に負担をかける
  7. 心因性腰痛症は精神的ストレスや鬱(うつ)などが原因で腰痛が
    心因性腰痛症は精神的ストレスや鬱(うつ)などが原因で腰痛が
  8. その腰痛は内臓が関係しているかも
    その腰痛は内臓が関係しているかも
  1. 女性が悩まされる腰痛
    女性が悩まされる腰痛
  2. 腰痛と生理との関係
    腰痛のもとになる生理との関係
  3. 腰痛と妊娠との関係
    腰痛になる原因と妊娠との関係は
  4. ピラティスで腰痛予防
    ピラティスで腰痛予防
  1. 腰痛は冷やすべき?それとも温めるべき?
    腰痛は冷やすべき?それとも温めるべき?
  2. 腰痛を乗り切ろう!辛い腰痛時の立ち方・座り方・歩き方
    腰痛を乗り切ろう!辛い腰痛時の立ち方・座り方・歩き方
  3. 骨盤ゆらゆら体操
    骨盤ゆらゆら体操
  4. 湿布
    腰痛に効果的な湿布選び
  5. 腰痛ストレッチ
    ストレッチをして腰痛を予防
  6. 腰痛ベルト・コルセット
    腰痛ベルト・コルセットを選び
  7. 日常生活の腰痛
    日常生活の腰痛対策
  1. 腰痛の保存療法
    病院で治療する腰痛の保存
  2. 椎間板ヘルニア
    椎間板ヘルニアの手術は
  3. 腰痛のカイロプラクティック
    カイロプラクティックは有効?
  4. 腰痛マッサージ
    マッサージで腰痛を和らげて
  5. 腰痛のその他の保存療法
    腰痛のその他の保存療法
  1. 腰痛の高額療養費給付制
    高額療養費給付制度を腰痛
  2. 高額療医療費貸付制度
    高額療医療費貸付制度で腰痛
  3. 腰痛での傷病手当金
    傷病手当金を申請する場合の
  4. 腰痛治療の医療費控除
    医療費控除になる腰痛の種類や
腰痛の体験談
  1. 腰痛時の過ごし方〜自分に合った過ごし方を!
    腰痛時の過ごし方〜自分に合った過ごし方を!
  2. 妊娠時に起こる腰痛の体験
    妊娠時に起こる腰痛の体験
  3. 腰痛ベルトやコルセットを使ってみて
    腰痛ベルトやコルセットを使ってみて
  4. 椎間板ヘルニアの体験談
    椎間板ヘルニアの体験談
  5. ぎっくり腰の体験談〜繰り返す痛みの対処法
    ぎっくり腰の体験談〜繰り返す痛みの対処法
  6. ぎっくり腰体験談〜再発しないために
    ぎっくり腰体験談〜再発しないために
カイロ学位取得のカイロプラクティック院長によるコラム
  1. カイロプラクティックコラム
    カイロプラクティックコラムNo.1
  2. カイロ プラクティックって?
    カイロ プラクティックって? No.2
  3. 世界基準のカイロプラクティック
    世界基準のカイロプラクティック〜Vol.3
  4. カイロと教育〜日本の場合
    カイロと教育〜日本の場合〜Vol.4
  5. カイロの資格と学位について
    カイロの資格と学位について〜Vol.5
  6. カイロの有効性に関する研究報告
    カイロの有効性に関する研究報告〜Vol.6
  7. カイロの安全性・患者満足度・費用対効果に関する研究報告
    カイロの安全性・患者満足度・費用対効果〜Vol.7
カイロ体験レポート・お役立ち情報

  1. 腰に負担のすくない起き上がり方
    腰に負担のすくない起き上がり方
  2. カイロプラクティック体験レポート
    腰痛時のアイシング方法
  3. カイロプラクティック体験レポート
    カイロプラクティック体験レポート

取材協力

院長 佐藤 浩行

■カイロプラクティック ゆらく
■院長:佐藤 浩行
■JCDC公認
 カイロプラクティックドクター
■ディヴァーシファイド
 テクニック修業
■アクティベーターテクニック修業
■O脚矯正テクニック修業
■基礎医学11科目修業

腰痛コラム筆者

院長 北條 善之

■ほうじょうカイロプラクティック
■院長:北條 善之
■RMIT大学日本校
※健康科学部
■カイロプラクティック科
優等卒業
■柔道整復師専門学校卒業