腰痛に使用される薬を持っている手

腰痛の保存療法

保存療法は、手術をしないで治療することを言います。腰痛の中でも、ぎっくり腰や椎間板ヘルニアなどの場合、重症でなければ保存療法が取られます。


手術ではないので、体への負担も軽い治療法で、症状の緩和や改善を目的とした治療になります。

スポンサードリンク

安静療法

布団の中で寝ている老人

一番代表的でもあり、効果的な保存療法です。ぎっくり腰や椎間板ヘルニアなどのような、突然激しい痛みが襲い、身動きができない場合には、とにかく安静にしなければいけません。


立ったり座ったりする動作が腰に一番負担をかける動きですので、楽な姿勢で体を横にしているだけで、腰への負担を最小限に抑えることが出来ます。


筋肉が炎症を起こしているときは冷やしながら、炎症が治まるのを安静にして待ちましょう。


どちらにしても、ぎっくり腰や椎間板ヘルニアの場合、動くこともままなりませんので、おとなしく安静にしていましょう。

装具療法

急性の腰痛の場合、筋肉が炎症を起こし、ゴムのように柔らかくなっていますので、痛みで体を支えることができません。


この場合、コルセットなどを、姿勢をサポートする装具を使って体を支えます。装具をつけると炎症を起こしている筋肉の変わりになり、とても楽になります。

装具療法の欠点

腰痛の時にコルセットなどをつけると、体を動かすのが大変楽になりますが、つけ続けることによって筋肉が弱ってしまうという欠点があります。


急性期の痛みが激しいときや、デスクワークなどで長い時間同じ姿勢をとらなければいけないという状況のときだけ使うようにしましょう。

薬物療法

対処療法になりますが、鎮痛と消炎の目的で薬物療法を行います。一般的には冷湿布、温湿布が使われますが、内服薬として、非ステロイド性の抗炎薬や、筋弛緩剤などが利用される場合もあります。


ビタミン剤を使った薬物療法も増えてきています。

ブロック注射

注射器を持っている医師

ブロック注射は痛いというイメージがありますね。実際痛いのですが、ずっと続く腰痛が、注射の間の痛みを我慢するだけで緩和されるのですから、我慢のしどころです。


椎間板ヘルニアなどの痛みを抑える目的で活用されていて、痛みの元となっている、圧迫されている神経の働きを抑えてしまうものです。


使われるのは局所麻酔剤や抗炎症剤です。

硬膜外ブロック注射

『硬膜』と呼ばれる脊髄の一番外側にある膜と、『硬膜外腔』と呼ばれる黄色靭帯の間にある数ミリの隙間に局所麻酔剤を注入し、神経の機能をブロックします。


この方法は、安全性の高いブロック注射と言われています。

神経根ブロック注射

針を圧迫を受けて痛みの元となっている神経の根に直接差し込み、局所麻酔剤や抗炎症剤を注入します。

椎間板内ステロイド注射

椎間板の中にステロイド剤を注入して鎮痛します。ブロック注射とは違い、椎間板の中に針を刺すので、中には個人差もあり、針を刺しにくい人もいるようです。

理学療法

理学療法は、慢性的な腰痛に対して行われる保存療法になります。整骨院などでよくみられる低周波治療や温熱療法も理学療法になります。

温熱療法

温熱療法は温めることで新陳代謝を促進して血行をよくし、自然治癒力を促進させる治療法です。


専門的な温熱器などの道具や、遠赤外線治療、半身浴なども含まれます。温泉などを利用してもいいでしょう。

低周波療法

低周波治療は、パルスという生体電流に近いものを流すことによって、神経機能の回復を助ける治療になります。


患部から脳に送られる痛みの信号よりも早い速度でパルスを流すことで、痛みの信号を遮断することができるので、鎮痛効果があります。

生活改善

保存療法で痛みを改善すると共に、日常生活も改善しなければいけません。痛みだけを改善しても、そのもとになってしまった生活習慣を改めなければすぐに再発してしまいます。


【日常生活】のページで紹介していることを参考にしながら、生活の改善を行ってみましょう。

ほうじょうカイロプラクティック