腰痛にならない生活をおくるために…。体の中心にあたる腰は人間が生活するうえで大切な場所です。腰を悪くすることで立ったり座ったりする普通の動作も困難になります。腰痛の原因や症状を知ることで腰痛になりにくい体を目指しましょう!
しっかり治す腰痛
腰痛アンケート調査

腰痛の原因を知り痛みを改善しよう

スポンサーリンク

腰が痛い!とお悩みの方が多く、その中でも腰に激痛がはしるぎっくり腰は癖になるってよくいいますよね?どうしてだと思いますか?
ぎっくり腰は癖になるのではなく、腰痛になりやすい生活習慣や姿勢をしているのが原因なのです。
ぎっくり腰だけではなく、腰痛は年齢と共に現れるものでもありますが、姿勢や生活習慣が大いに関係しています。すでに腰が痛い人も痛くない人も、これから痛い思いをしないよう、腰痛になりにくい生活習慣を送りましょう。

腰痛の治し方についても調べておきましょう。

スポンサーリンク

腰痛チェック!あなたは大丈夫?

腰痛チェック!あなたは大丈夫?

まずはあなたの生活スタイルから当てはまる項目をチェックしていきましょう。 銑までのチェック項目にあなたはいくつ当てはまりますか?チェック項目の多い人は腰痛の注意が必要ですよ。

腰痛度チェック

  1. 同じ姿勢を続けて仕事をすることが多い
  2. 姿勢が悪くよく指摘される
  3. 肥満気味である
  4. 立ちっぱなしの仕事をしている
  5. パソコンを使った座りっぱなしの仕事をしている
  6. ぎっくり腰を経験したことがある
  7. 腹筋のトレーニングをしていない
  8. 頻繁にひざの痛みを感じる
  9. 持病でヘルニアがある
  10. カルシウムを含む食品摂取が少ない

1つの質問で「はいなら10点」で「いいえなら0点」で数えてください。

  • 10点〜30点(腰痛の問題は少ないですが、予防だけはしておきましょう。)
  • 30点〜60点(腰痛気味です。無理をしすぎると腰痛が悪化する可能性が)
  • 60点〜80点(腰痛の可能性が高い:常に腰に痛みがありませんか?急性の腰痛に注意が必要です。)
  • 80点〜100点(腰痛に注意:腰痛が悪化する可能性があります。早めの受診を心がけてください。)

椎間板ヘルニアチェック

  1. 前かがみになると足がつりやすい
  2. 寝返りをするのがつらい
  3. 排尿がしにくい感じがある
  4. 腰痛の時に腰に鈍痛を感じる
  5. 猫背で背骨が曲がっている
  6. 股関節痛がある
  7. つま先や、かかとで立つことが困難
  8. 慢性的に腰痛がある
  9. 下肢に痛みやしびれを感じる
  10. 一定の距離以上歩くとしびれや痛みがでる

1つの質問で「はいなら10点」で「いいえなら0点」で数えてください。

  • 10点〜30点:椎間板ヘルニア予備軍です。その後の症状を見て判断しましょう。
  • 30点〜50点:椎間板ヘルニアの可能性があります。生活習慣を見直してみましょう。放置しておくと悪化してしまうため、早めの対策を考えましょう。
  • 50点〜100点:椎間板ヘルニアの可能性が比較的高い。下肢のしびれや痛みが強いが強くなる前に早めに整形外科専門医を受診しましょう。
スポンサーリンク
腰痛アンケートの結果

15歳〜20歳が23.1%と腰痛が出始めた年齢では1位になっています。つづいて20〜25歳が16.8%と若い年齢層の方が腰痛になっています。

成人前から腰痛になりはじめるケースが増えてきています。食生活での栄養バランスの崩れや生活習慣の乱れが原因と考えられます。

腰痛の起きた原因

腰痛の起きた原因

一番多いのが原因不明の腰痛です。全体の14.3%をしめています。続いて多いのがスポーツをしている時に腰痛になったケースです。スポーツをしていると鍛えてはいるのですが、怪我もつきものですよね。
もちろん体の軸になっている腰にも負担がかかります。その結果腰痛もちになるケース多いです。次いで重いものを持ち上げた時にぎっくり腰になるケースが続きます。


他にも長時間のパソコンをしていて腰痛になったり、立ちっぱなしの仕事のために腰痛がおきるケースが多くなっています。仕事をしていると姿勢をかえれなくなる事も多く、その状態が続くことで痛みの症状がでてきます。ストレスや疲れなども理由として考えられます。

腰痛発生時にとった処置

腰痛になった時の処置で多いのが湿布による処置です。
何もしないで我慢をしている人も多いようです。放置をしてしまうとその後に慢性の腰痛の原因になる場合があります。
状態にもよりますが病院で検査をした方が安心です。ただ整形外科にいっても異常がないといわれるケースもあるようです。

腰痛の種類と対策

腰痛の種類がある事には認知されているようですが、腰痛予防をしていない人が多いようです。予防のためのトレーニングで腰痛になりにくい体にしましょう。
腰周りの筋肉をつけたり、肥満を解消することで腰への負担も軽減され腰痛の予防と改善につながります。当サイトで紹介している腰痛予防で腰痛対策をはじめましょう。

カイロ体験レポート・お役立ち情報

カイロ技師

カイロプラクティックという言葉は聞いた事があるけど、どんな治療をしてくれるのかが不安。そういった声から弊社のスタッフが体験レポートをしてきました。カイロプラクティックによる治療や、腰痛の原因になる部分など詳しく説明していただきました。


カイロプラクティックを体験するのを迷っていた人はぜひ、よんでいただきた記事です。

日頃から腰痛の症状がある患者さんをみていることで、原因になる部分を調べて改善してくれます。親身になって症状を聞いてくれるのもうれしいポイントですよね。


ぎっくり腰になって痛くて動けない。なんて時のためのアシシング方法やぎっくり腰になってから立ち上がる方法も解説。普段から心がけているだけて、腰痛の予防にもなり、緊急時の起き上がり方をおぼえておくとぎっくり腰を発症した時に落ち着いて対応することができますよ。

カイロ学位取得のカイロプラクティック院長によるコラム

カイロプラクティック院長

「カイロ学位」を取得後、日本の医療国家資格である柔道整復師(整骨院の資格)を取得した「ほうじょうカイロプラクティック 北條院長」によるコラム。

腰痛がなおらなくなる要素、病院によって診断が異なっている事や、インターネットの普及で情報があふれている現代だからこそ、間違った治療情報にながされないでほしいという、観点でコラムを執筆しています。


治療現場にいる院長だからこそわかる、腰痛に悩む患者さんの意見もあわせてながら解説してくれています。

プロの整復師が現場で施術しているからこそ解る患者さんの痛みの原因。患者ひとりひとりにあわせた施術の重要さを知ることができます。

他にもWHOガイドラインにそったカイロプラクティックの基礎や安全性についても語ってくれました。

どうして腰が痛くなる?

腰痛はどうして起きるのでしょう。痛くなるのは骨?筋肉?知っている人は少ないのではないでしょうか。


腰痛を知るためには腰の構造を理解することが大切です。


腰が痛いのに、自分の身体の中でどんな事が起こっているのかも分からないままでは、回復した後に予防することもできません。


腰の構造から考えて、どのような人が痛くなりやすいのでしょうか。調べてみましょう。



腰痛の種類

腰が痛くなることを全ての事をひっくるめて私たちは『腰痛』と呼んでいますが、その種類は様々です。
急性のものから慢性のものまで痛みの原因になる部分によって治療方法も異なります。


安易にすぐなおるだろうと考えていると、症状がどんどん悪化してしまうことになりますので、自分の症状にあてはまる腰痛の症状があったら、早めに整形外科を受診してみましょう。


女性におこりやすい腰痛

女性も腰痛になる人が増えています。女性はホルモンのバランスが変わりやすく、崩れた状態が続いていくと自律神経も乱れやすくなります。


周期的に変わるホルモンバランスの影響で腰が痛くなりやすいとも言えます。
また、女性を取り巻く環境も原因の一つに挙げられます。

他にも、女性は妊娠をすると腰痛になりやすくなります。妊婦さんはお腹に赤ちゃんがいるので、赤ちゃんの重さをささえるために腰に負担がかかり腰痛の症状があらわれます。出産後も腰痛がおきるケースがあります。


腰痛の治し方と対策

腰が痛くなったら病院に行くことも大切なことですが、自分で対策をすること大切です。腰に痛みが出ないようにする姿勢やストレッチをすることによって、痛みが軽減するだけではなく、腰痛になりにくい体をつくることが大切です。


腰の負担を軽減するためにも筋肉トレーニングも必要になります。

ですが無理は禁物です。腰痛ストレッチをしても効果がない場合は、主治医に相談しながら自分なりの対策も選んでいきましょう。


病院で腰痛の治療

腰痛は年齢だけが原因ではありません。しかし、いざ腰痛が続いていても我慢して悪化させるケースが多いのも事実ですね。 腰は体の中心で軸になっています。腰の痛みをかばうために他の関節にも負担がかかります。腰痛になったらを我慢せず、きちんと病院に行かなければいけません。


治療をすると痛みが改善する場合もありますし、反対に治療しなければ、どんどん悪化してしまう可能性もあります。病気は悪化する前に対処です。


医療制度を利用して治療する

長い期間治療をおこなうため病院に行ったり、腰痛が原因で入院して手術となると、高額の医療費用がかかってしまいます。


そのため、医療費を気にするがあまり、腰痛の治療途中で通院を中断してしまう人も多いのです。ですが、ケースによって対応できる様々な医療制度がある事はご存知ですか。医療制度上手に利用することで医療費の心配を軽減できるため、安心して治療を続ける事ができるはずです。


腰痛の原因を探そう

体の軸になっている腰の部分は普段の姿勢や歩き方によって腰痛となって発症します。
腰痛を体験したことがない人はいないのではないでしょうか。年齢を重ねていくにつれて骨や筋肉の老化で更に悪化させることになります。
ですが、日ごろの生活を見直したり、簡単なトレーニング次第で痛みを和らげることもできのです。日常の動作がいかに腰に負担がかかっているか考えた事がありますか?

人は常に腰に負担のかかる動きをします。下にものを落として拾う、重いものを持ち上げるときに腰をふんばり持ち上げる、布団から起きあがるときにも腰を使っています。知らず知らずのうちにその動作が腰に負担をかけているのも事実なんです。

日常の動き方を見直しすことが大事ですが、腰周りの筋肉をつける事も効果が高いんです。
まずは腰痛チェックの項目で腰痛に該当するか調べてみましょう。あてはまる項目が多いときには、生活習慣の改善が必要になるますよ。


運営スタッフも腰痛があり、それぞれの原因要素も違いました。ですが、カイロプラクティック院長の施術体験や技師からの説明を聞いて日常生活の改善をし腰痛予防に心がけました。その結果、腰痛に悩まされることはなくなりました。大切な事は自分の体の状態を知ることです。あなたの腰痛にはどんな治療が最適なのか調べていきましょう。

スポンサーリンク
人気記事ランキング
  1. 椎間板ヘルニアの体験談
    椎間板ヘルニアの体験談
  2. ぎっくり腰
    ぎっくり腰になる主な原因に
  3. 骨盤ゆらゆら体操
    骨盤ゆらゆら体操
  4. 椎間板ヘルニア
    椎間板ヘルニアの原因や痛みと
  5. カイロの安全性・患者満足度・費用対効果に関する研究報告
    カイロの安全性・患者満足度・費用対効果〜Vol.7
新着記事
  1. 腰痛時の過ごし方〜自分に合った過ごし方を!
    腰痛時の過ごし方〜自分に合った過ごし方を!
  2. 妊娠時に起こる腰痛の体験
    妊娠時に起こる腰痛の体験
  3. 腰痛ベルトやコルセットを使ってみて
    腰痛ベルトやコルセットを使ってみて
  4. 女性が悩まされる腰痛
    女性が悩まされる腰痛
  5. 椎間板ヘルニアの体験談
    椎間板ヘルニアの体験談
腰痛と姿勢
  1. デスクワークの方必見!腰痛にならないための姿勢とケア
    デスクワークの方必見!腰痛にならないための姿勢とケア
  2. 腰痛予防&改善のための寝具と寝相
    腰痛予防&改善のための寝具と寝相
腰痛予防の運動
  1. 腰痛予防対策は運動と腰痛トレーニング腰痛予防対策は運動と腰痛トレーニング
  2. フラダンスや3秒体操で腰痛予防!フラダンスや3秒体操で腰痛予防!
  3. 腰痛対策に!室内でできるエクササイズ3選
    腰痛対策に!室内でできるエクササイズ3選!
  4. 腰痛予防におすすめのトレーニング
    腰痛予防におすすめのトレーニング!
  5. ドローインとヨガで腰痛対策をしよう
    ドローインとヨガで腰痛対策をしよう
  6. 腰痛予防に!様々な器具を使った運動!
    腰痛予防に!様々な器具を使った運動!
  7. 走る?泳ぐ?自分に合った運動で腰痛予防を!
    走る?泳ぐ?自分に合った運動で腰痛予防を!
  1. 腰の構造
    腰の構造を知ろう
  2. 腰の構造
    腰痛になりやすい人ってどんな
  1. ぎっくり腰
    ぎっくり腰になる主な原因に
  2. 椎間板ヘルニア
    椎間板ヘルニアの原因や痛みと
  3. 腰部脊柱管狭窄症
    腰部脊柱管狭窄症は圧迫される
  4. 腰腰椎分離症・すべり症
    腰椎分離症・すべり症は高齢に
  5. 変形性腰椎症
    変形性腰椎症の原因と症状は?
  6. 骨粗鬆症
    骨粗鬆症は腰に負担をかける
  7. 心因性腰痛症は精神的ストレスや鬱(うつ)などが原因で腰痛が
    心因性腰痛症は精神的ストレスや鬱(うつ)などが原因で腰痛が
  8. その腰痛は内臓が関係しているかも
    その腰痛は内臓が関係しているかも
  1. 女性が悩まされる腰痛
    女性が悩まされる腰痛
  2. 腰痛と生理との関係
    腰痛のもとになる生理との関係
  3. 腰痛と妊娠との関係
    腰痛になる原因と妊娠との関係は
  4. ピラティスで腰痛予防
    ピラティスで腰痛予防
  1. 腰痛は冷やすべき?それとも温めるべき?
    腰痛は冷やすべき?それとも温めるべき?
  2. 腰痛を乗り切ろう!辛い腰痛時の立ち方・座り方・歩き方
    腰痛を乗り切ろう!辛い腰痛時の立ち方・座り方・歩き方
  3. 骨盤ゆらゆら体操
    骨盤ゆらゆら体操
  4. 湿布
    腰痛に効果的な湿布選び
  5. 腰痛ストレッチ
    ストレッチをして腰痛を予防
  6. 腰痛ベルト・コルセット
    腰痛ベルト・コルセットを選び
  7. 日常生活の腰痛
    日常生活の腰痛対策
  1. 腰痛の保存療法
    病院で治療する腰痛の保存
  2. 椎間板ヘルニア
    椎間板ヘルニアの手術は
  3. 腰痛のカイロプラクティック
    カイロプラクティックは有効?
  4. 腰痛マッサージ
    マッサージで腰痛を和らげて
  5. 腰痛のその他の保存療法
    腰痛のその他の保存療法
  1. 腰痛の高額療養費給付制
    高額療養費給付制度を腰痛
  2. 高額療医療費貸付制度
    高額療医療費貸付制度で腰痛
  3. 腰痛での傷病手当金
    傷病手当金を申請する場合の
  4. 腰痛治療の医療費控除
    医療費控除になる腰痛の種類や
腰痛の体験談
  1. 腰痛時の過ごし方〜自分に合った過ごし方を!
    腰痛時の過ごし方〜自分に合った過ごし方を!
  2. 妊娠時に起こる腰痛の体験
    妊娠時に起こる腰痛の体験
  3. 腰痛ベルトやコルセットを使ってみて
    腰痛ベルトやコルセットを使ってみて
  4. 椎間板ヘルニアの体験談
    椎間板ヘルニアの体験談
  5. ぎっくり腰の体験談〜繰り返す痛みの対処法
    ぎっくり腰の体験談〜繰り返す痛みの対処法
  6. ぎっくり腰体験談〜再発しないために
    ぎっくり腰体験談〜再発しないために
カイロ学位取得のカイロプラクティック院長によるコラム
  1. カイロプラクティックコラム
    カイロプラクティックコラムNo.1
  2. カイロ プラクティックって?
    カイロ プラクティックって? No.2
  3. 世界基準のカイロプラクティック
    世界基準のカイロプラクティック〜Vol.3
  4. カイロと教育〜日本の場合
    カイロと教育〜日本の場合〜Vol.4
  5. カイロの資格と学位について
    カイロの資格と学位について〜Vol.5
  6. カイロの有効性に関する研究報告
    カイロの有効性に関する研究報告〜Vol.6
  7. カイロの安全性・患者満足度・費用対効果に関する研究報告
    カイロの安全性・患者満足度・費用対効果〜Vol.7
カイロ体験レポート・お役立ち情報

  1. 腰に負担のすくない起き上がり方
    腰に負担のすくない起き上がり方
  2. カイロプラクティック体験レポート
    腰痛時のアイシング方法
  3. カイロプラクティック体験レポート
    カイロプラクティック体験レポート

取材協力

院長 佐藤 浩行

■カイロプラクティック ゆらく
■院長:佐藤 浩行
■JCDC公認
 カイロプラクティックドクター
■ディヴァーシファイド
 テクニック修業
■アクティベーターテクニック修業
■O脚矯正テクニック修業
■基礎医学11科目修業

腰痛コラム筆者

院長 北條 善之

■ほうじょうカイロプラクティック
■院長:北條 善之
■RMIT大学日本校
※健康科学部
■カイロプラクティック科
優等卒業
■柔道整復師専門学校卒業