カイロコラム・はじめに〜Vol.1

はじめまして。

私は、千葉県市川市でカイロプラクティック(以下カイロ)をしている北條と申します。

オーストラリア公立RMIT大学日本校で5年間学び、「カイロ学位」を取得しました。 その後、日本の医療国家資格である柔道整復師(整骨院の資格)を取得しました。


世界基準のカイロと柔道整復を学んだ立場から、カイロと腰痛について、正確で詳しい情報提供が出来れば幸いです。

カイロプラクティック施術

私は、カイロの世界に入って約20年になりますが、多くの方から聞かれる事があります。


  1. 「カイロって何ですか?」
  2. 「整体との違いは何ですか?」
  3. 「なぜカイロは保険が使えないのですか?」

など、沢山のご質問をいただいています。

当院に腰痛でお困りの方々からの相談事例

  1. 「椎間板ヘルニアの手術をしても治らない」
  2. 「病院によって診断名が違う」

などの相談を受けることが多くあります。

「カイロ」や「腰痛」について、まだまだ正しい情報が伝わっていないからなのです。


最近は、パソコンやスマートフォンを使いインターネットでなんでも調べることが出来ます。TV番組でも健康特集が毎日のように放送されています。


しかし、あまりに情報が溢れすぎているため、「真実の情報」にたどり着くことが非常に困難です。


結果、多くの方が間違った情報により、危険なカイロ治療で悪化し、苦情や相談が消費者センターや国民生活センターに年々増えています。


「どの治療が本当に必要なのか」、「本当に手術が必要なのか」など、一層不安になることがあります。

カイロプラクティック施術する先生

例えば、日本に世界基準の正規教育を受けたカイロの先生はどの位いるかご存知ですか?

現在日本には、約30,000人のカイロの先生がいると言われており正規カイロ教育を受けた先生は約850人で、全体の約3%しかいません。
※数値は2016年の基準の参照です。

保険が適用できるようになる事で医療費も軽減することができ、高度な治療をうける事が可能になります。


事実、カイロで保険が使えるアメリカやカナダでは、国民のカイロ法制化運動もあり、政府がカイロ治療の効果を科学的に検証し、整形外科よりも有効であると認めたことで法制化された歴史があります。


私のコラムで紹介する「カイロプラクティック」や「腰痛」の諸問題を一緒に考えて議論するキッカケとなれば幸いです。


コラムは不定期なものになると思いますが、少しでも多くの方に役立つ情報提供いたします。

コラム筆者

院長 佐藤 浩行
■ほうじょうカイロプラクティック
■アクセス:千葉県市川市市川1-27-6
■RMIT大学日本校 ※健康科学部
■カイロプラクティック科 優等卒業
■柔道整復師専門学校卒業
■HP: http://www.hojo-chiro.com/
■院長:北條 善之


ほうじょうカイロプラクティック