椎間板ヘルニアの断面写真

椎間板ヘルニア

ぎっくり腰が症状名に対し、椎間板ヘルニアは病名です。立派な病気ということです。腰痛の痛みと共に、神経が圧迫されることによる痺れも同時に起こります。


腰痛と椎間板ヘルニアは同じ腰の痛みでも、そのメカニズムが根本的に違います。


椎間板ヘルニアは腰痛と違い、腰椎椎間板が突き出ていて、脊髄中枢神経や末梢神経が圧迫されている状態です。

椎間板って?

【腰の構造】のページでも椎間板の構造について触れていますが、24個の腰椎の間にあるクッションの役割をしているもので、背骨にかかる負荷を軽くしているものです。


構造については中心に髄核があり、髄核を包み込むように繊維輪軟骨があります。


髄核を餡、繊維輪軟骨を大福の皮にたとえて、大福餅に例えられています。椎間板全体が負荷を軽くしているのではなく、中心にある髄核がクッションの役割をし、繊維輪軟骨が髄核を保護している形になります。

ヘルニアって?

椎間板ヘルニアは、上記の椎間板がヘルニアを起こすと言うことですが、ヘルニアとはどんな状態になることなのでしょうか。


ヘルニアとは、突出した状態のことを指します。


ですから、椎間板ヘルニアは、椎間板が突出してしまった状態のことを言います。

椎間板ヘルニアの痺れ

椎間板ヘルニアのレントゲン写真

椎間板ヘルニアには痺れがつきものですが、痺れの正体は何なのでしょうか。


椎間板ヘルニアは、ヘルニアの状態にある椎間板が、脊椎の神経を圧迫するために痺れが起こります。痺れの範囲は神経が圧迫されている部分によって異なります。


脊髄の神経には、背骨を横断する脊髄中枢神経という太い神経と、脊髄中枢神経から枝分かれして、身体の各末梢に走っている抹消神経があります。


斜め方向にヘルニアが起こり、左右の末梢神経のどちらかを圧迫した場合には、その末梢神経が支配している方向の部分が痺れます。


痺れの範囲は、ヘルニアが接触する程度が低いと臀部や太ももに痺れが出、脊髄中枢神経を圧迫するように真後ろにヘルニアが起こると、左右両方の末梢神経が支配する部分に、同時に痺れが起こります。

スポンサードリンク

椎間板ヘルニアはどんな痛み?

腰を押さえている男性の写真

椎間板ヘルニアになると、ぎっくり腰のような激しい腰痛と、ヘルニアによる下半身の痺れが同時に起こります。


ヘルニア症状は身体の中で起こっていることですから自分で対処のしようがありませんが、腰痛に対してはある程度抑えることができます。


発症してから3日は動かないようにして絶対安静を心がけ、筋肉の炎症を抑えるために、その間は患部を冷やしましょう。


炎症を起こしている間は患部を温めてはいけませんので、入浴は控えなければいけません。


3日が経過して痛みが和らいできたら、冷やすのをやめましょう。


動けるようであれば患部をコルセットで固定して、整形外科の診察を受けましょう。

絶対手術?

手術用出袋をしている手

椎間板ヘルニアは必ず手術をしなければいけないと思っている人もいるでしょう。


二度と治らない病気とも言われていて、実際知り合いで1度椎間板ヘルニアの手術をして、再発して2度目の手術を受けた人がいます。


また、動けないくらいの腰痛があり、病院に行くと椎間板ヘルニアを言われて手術をするのが怖いと、病院に行かずにコルセットで誤魔化している知人もいます。


椎間板ヘルニアになったら、手術をしなければいけないものなのでしょうか。


確かに1度飛び出してしまったヘルニアを元に戻すことは難しいことです。ですが、手術をしなくても、痺れを抑えることは十分に可能です。


腰痛は手術しなくても対処できますので、整形外科の医師とよく相談し、『保存療法』で症状が改善できる場合もありますので、しっかりと向き合って治療しなければいけません。


詳しくは、【保存療法】【ヘルニアの手術】のページをご覧ください。

スポンサードリンク
ほうじょうカイロプラクティック